with
ついにWithCoin(Withコイン)が本日上場します!
そのため、WithCoin(Withコイン)上場直前情報をお知らせします。

どこに上場するの?
WithCoin(Withコイン)は5月30日に上場します。

・5月30日 Hitbtcに上場
・上場時間の約2時間前ぐらいからHitbtcに送金可能
・上場時間はまだ未定(18:00の噂)
・開始レート6円予定

上場の時間はあくまで目安ですので、hitbtcに張り付いたり、
twitter等で16時頃から情報にアンテナを張っておくことでタイミングを逃さないようにしましょう。

その他の上場は?
BINANCE 上場延期
houobi    直近上場
となっています。

BINANCEは上場前の告知が禁じられていましたので、まあ上がる事はないだろうと思っておりました。
運営が事前告知していたのは、逆に上場が決まっていないから出まかせを言っていた可能性も否めません。
なぜなら本当に決まっていたら、情報漏らすリスクの方が大きいです。
上場が決まっていなければ上場しなくても事前告知を理由に言い訳できますからね
うまく、プロモーションに利用されたのかもしれません。
houbiを期待しましょう。

どうやって価格を5円以上に上げるの?
WithCoin(Withコイン)のバックボーンにはクライスという会社があり、
組織の会員が9000人います。

その方々が、持ち分の20%を上限に5円で売りに出します。
それを主催者側が5円で買っていき、やがて値が上がっていく
そして利確後、会員が10円で買いを入れて、主催者が売ります。
これを意図的に繰り返してあげる手筈です。

当面はマックス25円で50円までは持っていく
その後は未知数

これを繰り返すことでイナゴも群がっていけば年末の様なチャートが描いていけるというイメージなのでしょうか。
上手くと行くと良いですが、なかなかシミュレーション通りには行かないものです。

Withコインホワイトペーパーの6倍の発行量
WithCoin(Withコイン)がホワイトペーパーで50億枚の発行とっていたにもかかわらず
その6倍の300億枚の発行をしており、動揺が広がっています。

・月間仮想通貨に出る出る詐欺
・アメトーークに出る出る詐欺
・BAINANCE上がる上がる詐欺
・オカダマニラ提携詐欺
等、信用をうしつつあるWithCoin(Withコイン)ですが、上場直後にまた勃発しましたね。
運営はきちんと説明してくれるのでしょうか。

もしこれが、バーン用で、上場後の価格操作用で最終的に50億枚まで減らし
価格の底上げが成功というシナリオを描いているのだとしたら、大したものです。

とにかく、WithCoin(Withコイン)は、意図的に運営が価格を上げると高らかに宣言しています。
こういった通貨は初めてなので、見ものです

本日答えが出ます。注目です。